マタニティマークマークはこうして利用する、移動のつらさ解消する

マタニティーマークって何?

「健やか親子21」を進めている厚生労働省推進検討会では、「妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保」のキャッチフレーズを挙げています。

 

 

マタニティーマークとは

 

娠中のもうすぐお母さんになろうとする、いわゆるプレママの印です。

おなかの大きいママに、交通機関等を利用する際に身につけることによって、周囲人々がプレママに対して、心遣い、配慮を示しやすくするものです。

 

 

なぜ?マタニティーマーク

 

期の妊娠期には外見からは妊娠していることが分かりにくい。

周囲からの理解が得られにくい。電車、バスなどでは、優先席のマークなどにおなかの大きな妊婦のマークが使われていますが、わかりにくいことです、そのような声も聞かれマークが出来ました。

 

電車やバスにプレママにやさしいマタニティーマーク

とえば、妊娠初期は仕事を持って、通勤される方がおります。電車やバスなどを利用しているときに立っていて貧血のような感じで気分が悪くなってしまった。

 

通勤時間が長い、まわりの方が妊婦だと気がついて席を譲ってくれる。

こうした行為は、とてもありがたいものです。

余裕を持って、なるべくすいている時間帯に乗るようにするといいですね。

マタニティーマークの活用しましょう

時としてマタニティーマークをつけて妊娠をアピールしましょう。マークも少子化対策の一環でしょうから・・・

 

ういうこともあります、まだ妊娠初期の頃は、外見は普通の人なので、いくら臭いで具合が悪くなろうが誰も席は譲ってもらえない。

 

悲しいのは思いでは、たまたま座った席の前に、ご老人の方がおり、私が座り続けていたら周囲から「何あの人、若いくせに席も譲らない」という声が聞こえた時だった。

 

マタニティ用のウェア

 

型は隠せません。妊婦というある意味、相当に特殊な体型を美しくカバーする衣服には、それなりの工夫が必要ではないかと思いますね。

 

うしても9ヵ月=3シーズンは、マタニティですごす、がまんの期間です。

 

なかが目立つ前のつわりの時期から、しめつけの少ない服は体のためにも大切です。体型のカバーのも重宝します。しかし、マタニティ用のウェアをきてしまっていたら、ほとんどの場合、妊娠の体系が隠れることが多くみられます。